NPO法人くじらのペンギンハウス

農産物の成長を通して、未来ある若者たちの大切な心と身体も育みます。
春夏秋冬、季節折々の採り立て新鮮農産物を都市近郊農業で直売所や直売コーナーを中心に販売しております。
消費者の方に農業体験などで畑にお越しいただき、お客様の目線で大切に栽培しています。
特定非営利活動法人くじらのペンギンハウス(大阪府岸和田市)

インスタグラムインスタグラムフェイスブックメディア情報お問い合わせ

くじらのペンギンハウス 食と人の架け橋くじらのペンギンハウス

くじらのペンギンハウスの概要 野菜・果物 農業体験 社会貢献 コーフボール ボランティア 公式通販サイト

【 重 要 】 援農ボランティア活動参加者の皆様へ、コロナウイルスへの対応について

新企画 「 ストロベリー水族館

ストロベリー水族館

ストロベリー水族館は、特定非営利活動法人くじらのペンギンハウスが、

「バーチャル発信チャネル創造事業」の活動の一環として実施しています。

農産物を成長させるだけではなく、お客様と未来ある若者たちの大切な心と身体も育む

という活動方針にならい、身近にいる若者たちの夢を応援しながら、

栽培情報や活動情報の配信を通じて食と人の関わりを深めてもらうきっかけ作りとしてもらいます。

 

ver.2  奥野あおい 

奥野 あおい 

R4.5.15(Sun)

 ストロベリー水族館、第2回目に登場していただくゲストさんは、若手女性モデルの奥野あおいさんです。

奥野あおい

 まずは、くじらのペンギンハウスのタペストリーをもって、記念撮影をしてもらいました。

 今回は、すこし曇り空の中で、天気のタイミングを見ながらの撮影。問題なく、撮影を終える事は出来ましたが、せっかくの逸材。

 2回目の撮影でも、ド素人カメラマン(代表理事)が、すべてを台無しにしてしまっているような気がしないでもないのですが、そこはご了承ください。(笑)

奥野あおい

 日付は令和4年5月15日(日)ということで、くじらのペンギンハウスの農場は、緑色の葉っぱが増えてきました。

 今回も、モデルさんを際立たせてくれる背景を探しました。綺麗な花が咲いてるといいんですけど、旬はじゃがいもの花。

 しかし、端から端まで探しても、ほぼ花が咲いていません。完全に撮影日のタイミングを間違えてますね。(笑)

 かろうじて、じゃがいもの花があったので、撮影。

奥野あおい

 なんだか、お判りでしょうか? じゃがいもの花なんだから、じゃがいもの花でしょ?? という、突っ込みが聞こえてきそうですが、

 じゃがいもは、品種によって花が違います。なので、詳しい農家さんは、花をみただけで、じゃがいもの品種がわかります。

 花が小さくて解りづらいですが、これは、きたあかりの花。

 掘り起こしてみると、ほのかに綺麗なピンク色が顔をだしているじゃがいもが出てきます。

 興味のある方は、ネットで検索してみてくださいね。

奥野あおい

 

 そして別カットの写真。まだまだ、葉が生い茂っているので収穫はまだ先です。

 でも、そこそこ大きく育ってきているので、今年も良好なのかも。楽しみです。

奥野あおい

 そしてそして、次回は奥野さん自身の事について、

 近日公開の続編で、紹介させてください。お楽しみに!!

奥野あおい

 

2

 

 皆さま、お待たせしました。

 今回は、趣味や特技についてお話してくださいました。

 奥野さんは学生時代からフルートをされているとの事

 マイフルートをお持ちいただきました。

 立派な、コンサートホールでの撮影も映えますが、緑の中での撮影も乙なものです。

奥野あおい

 ド素人であまりわかっていませんが、コンサートの規模などにより、

 座って演奏したり、立って演奏したりするそうです。

 なので、背景をかえてもう一度。

奥野あおい

 はい、代表理事のセンスの無さが。際立った一枚です。

 決して、モデルさんの責任ではありませんので、あしからず。。

 服が、景色に見事になじんでします。(笑)

 逆に、溶け込んでいてよいのかどうか。 

 まあ、ピンクの服とかで逆に、目立つとムードがぶち壊しなのかもしれませんよね。

 普段は、こんな感じだそうです。

奥野あおい

 写真なので、演奏している姿をお見せする事が出来ないのですが、

 機会があれば、ぜひとも聴かせていただきたいですね。

 ちなみに、聞かれていませんが、代表理事はこういう楽器は扱えません。

 まだまだ、沢山知りたいですよね。

 なのでインタビューに挑戦し、沢山の質問を投げかけてみました。

 続編を、お楽しみに!!

奥野あおい

 大阪府岸和田市にて、援農ボランティアと若手農家との交流イベントを実施している、

 特定非営利活動法人くじらのペンギンハウスの管理農場です。

 のぼりと一緒に撮影していただきました。

 毎週日曜日、10:30集合 大阪府岸和田市 NPO法人くじらのペンギンハウス

 

3

 ☆第2回目のモデルさん 奥野 あおい さんにインタビュー

奥野あおい

Q.こんにちは!
A.こんにちは

Q.今まで呼ばれた事のあるあだ名は?
A.あおちゃん (ホントはあおいおねえさんと呼ばれたかった。。)

Q.自分の名前は好き?
A.好きです

Q.職業は?
A.大学生をしながら演劇やモデル活動 

Q.よく言われる第一印象は?
A.よくしゃべる

Q.チャームポイントは?
A.笑顔

Q.趣味は?
A.舞台や映画の鑑賞、写真展

奥野あおい

Q.特技は?
A.フルート、水泳

Q.マイブームは?
A.絵本の読み聞かせ

Q.小さい頃はどんなこどもだった?
A.よく食べる子 (今でも・・)

Q.よくやっってしまう癖

A.忘れっぽい (撮影当日、さっそく帰りにフルートを忘れそうに・・・)

Q.好きな食べ物は?
A.米

Q.苦手な食べ物は?
A.からいもの、エスニック系

Q.好きな飲み物は?
A.水

奥野あおい

Q.好きなアーティストは?
A.古川琴音 (女優)

Q.好きな歌手は?
A.松尾優 (ピアニスト、シンガーソングライター)

Q.好きな色は?
A.明るい色、白、黄、緑

Q.好きな季節は?
A.秋

Q.好きな人と行きたい場所は?
A.ドライブ

Q.一年の行事で何が好き?
A.クリスマス

 

奥野あおい

Q.必ず持ち歩いているものは?
A.スマホ、台本、水

Q.モデルになったきっかけは?
A.大学でラジオのMCをしていて、勧めで声優に挑戦したが、東京に行った3次面接で15分で落とされ、
  奮起して演劇の世界に。役者時代、大学の先輩に勧められモデルにも挑戦。

Q.モデルをしていて嬉しかったこと
A.フライデーのモデル、展示会に出展してもらえたこと。

Q.楽しかった活動は?
A.石垣島での子どもたちと作るお化け屋敷

Q.写真を撮られるのは好き?
A.好き

Q.撮影は楽しい?
A.楽しい

Q.普段の食生活で気を付けていることは?
A.野菜を食べる

Q.普段の生活で気を付けていることは?
A.水を飲む

Q.挑戦したい撮影は?
A.えっ?てなる、おもしろい(めずらしい)作品撮り

Q.今までで一番思い出に残っている出来事
A.初舞台

Q.一番嬉しかった出来事
A.舞台に見に来てくれた初対面の観客の方が良かったですと、ブロマイドにサインを求められたこと。

Q.一番悲しかった出来事
A.一番が選べないけど、おじいちゃん、おばあちゃんが亡くなったとき

Q.一番緊張した出来事
A.吹奏楽コンクール

Q.一番がんばったことは?
A.大学のラジオ制作

Q.将来の夢は?
A.演劇を通して、子どもの居場所づくり

奥野あおい

Q.座右の銘は?
A.好きを大事に (想う気持ち)

Q.宝物は?
A.手紙 (幼稚園時代から大切に保管)

Q.今欲しいものは?
A.大学の単位。(笑)

Q.今したいことは?
A.子どもの居場所作りの場所に行きたい

Q.今食べたいもの?
A.甘いもの

Q.小さい事の夢は?
A.プリキュア

Q.生まれ変わったら何になりたい?
A.人

Q.一番好きな曲?
A.白線渡り (BURNOUT SYNDROMES)

Q.最近楽しかった事は?
A.6月の舞台の稽古

Q.過去へ戻れるとしたら?
A.幼稚園の運動会で、一つ前を走ってしまい、ゴールにお母さんがいなかった時。

Q.未来へ行けるとしたら?
A.行きたくない

奥野あおい

Q.一つだけ願いが叶うなら?
A.頭を良くしたい

Q.もしも明日で世界が終わるなら?
A.会える友達、みんなに会う

Q.最後に一言?
A.ありがとうございました。

 ありがとうございました。

 ☆ ★ ☆ ★

 ということで、沢山の質問にお答えいただきました。

 皆さん、いかがでしたか?

 最後に、役者さんとしての姿を少しだけ掲載します。

 本格的ですね。

 奥野あおい

奥野あおい

 続編は、大手雑誌社のモデル撮影時のお話を紹介させていただきます。

 お楽しみに!!

4

 インタビューで答えて頂いたように、ひょんなきっかけで、

 役者やモデルとして活躍することになった奥野さん。

奥野あおい

 社会に貢献したいという素晴らしい心を持って、日々活動されています。

 子どもたちの居場所作りを研究していて、自分に出来ることは何かを考え、

 演劇のすばらしさを通して、子どもたちといろいろなふれあいをするため、

 自らワークショップボランティアに参加して、社会貢献されています。

 さて、最終回はそんな奥野さんが、大手雑誌社FRIDAY(フライデー)の

 モデル撮影に挑戦した時のお話を紹介します。

 興味のある方は、amazon等の通販サイトで、バックナンバーが発売されているので、

 FRIDAY(フライデー)の令和4年2月4日号から新連載となった

 「女子大生ビキニ美女図鑑2022」のページを探してみてくださいね。

 参考リンク

 Q.挑戦しようと思ったきっかけは? 

 A.採用までのきっかけはオーディションです。
   ポートレートはやったことあったんですけど、グラビアって今までやったことなくて、
    挑戦したいなと思って応募しました。

 Q.撮影本番はどんな気持ちでしたか? 

 A.撮影の時は、スタッフさんが優しく接してくださって、緊張をほぐしてくださいました。
    撮影中たくさんお褒めいただいて終始上機嫌でした。笑
    メイクさんに普段のメイクのアドバイスをいただいたりもしました!

 Q.掲載紙をみたときの印象は? 

 A.掲載ページを見た時は、インタビューされるの初めてだったんですけど、
    うまくまとめてくださってて安心しました。
    たくさんの方に見たよって言っていただけて嬉しかったです!

 

 この度は、撮影にご協力頂きありがとうございました。

 奥野あおい

 プロフィール紹介

 奥野あおい 1999年6月14日生まれ

 佛教大学現役大学生、京都府出身

 大学の授業でラジオ制作に挑戦し、その後演劇の道に

 子どもたちに演劇の楽しさを伝えるワークショップなどの

 ボランティア活動にも従事。学業を続けながら、

 モデル活動などにも挑戦し多彩に活躍する。

 主なモデル実績

 FRIDAY(フライデー)2022年2月4日号 

 2022女子大生美女図鑑No.001

  

  奥野あおい

快くお引き受け頂き、ありがとうございました。

 ☆ ★ ☆ ★

 特定非営利活動法人くじらのペンギンハウスでは、援農ボランティアと若手農家との交流イベントの応援をしてくれる

 若手モデルさんを募集しています。出演してみたいという方はぜひお問い合わせください。

 ☆ ★ ☆ ★

ストロベリー水族館トップへ戻る

当コンテンツ内のモデルさんの写真データの無断利用については、固くお断りさせていただきます。